MaaS x Card ノンデザイナーのためのデザインツール「ユーザー体験カード」

ノンデザイナーのためのデザインツールを開発したい」この思いから、このたびクラウンドファンディングを実施することにしました。第一弾のテーマは「MaaS※」です。

※MaaS(マース)とは「Mobility as a service」の略で「サービスとしての移動」を意味します。

これまで、デジタルプロダクト(ウェブやアプリなど)におけるUX(User Experience)をテーマにしたワークショップは数多く実施してきましたが、そのノウハウを活用した新しい試みです。

第一弾は「MaaS」ですが、今後さまざまな分野にも応用していくことを想定しています。そのため、専用コミュニティも並行して進める予定です。

クラウンドファンディング

今回、縁あって「CAMPFIRE」というプラットフォームで公開することになりました。プロジェクトの概要は、クラウンドファンディングのページ「ノンデザイナーのためのデザインツールを開発したい」をご覧ください。期間は年内いっぱいを予定しています。

内容としては、トランプのようなカードを開発し、それを用いたワークショップを実施するというものです。アイデア発想などのツールはほかにもありますが、今回は課題やソリューションに直接触れるツールにした点が特長です。

  • これは物理的なカードです(カードゲーム)
  • 表面にイラスト(@SASHIE)で課題を表現
  • 裏面にその際に検討すべき要求やソリューションが書かれています
  • カードを並べることでシナリオ(ユーザー体験)にすることが可能
  • QRコードでデジタルでも再現(スマホアプリも展開予定)

ポイント

  • 新しい分野(第一弾は「MaaS」)はまだ歴史が浅く、各社ノウハウが蓄積できていません。
  • そもそもどういうユーザー体験があるのか調べるには時間がかかります。
  • 部署や会社ごとにアウトプットに求める質は異なります。

このツールを使うことで…

  • あらかじめ用意したカードで、体験とソリューションとをセットで理解できます。
  • ワークショップを実施することで、短い時間でアイデアを生みやすくなります。
  • 部署をまたいで検討する際の共通言語になります。

個人はもとより、企業内での研修にも使うことが可能です。このワークショップを実施する際のファシリテーション権もリターンには追加しましたので、以降自らワークショップを開催することや、イベントに活用していただくことも可能です。

このような方におすすめ

  • 企業で「UX」チームを立ち上げたが、何からやればいいか定まっていない
  • 部署を超えたワークショップの必要性はわかるが、どう進めればいいかわからない
  • 新人やUXに明るい人間はいるが、共通言語がなくそれまでにいた人とコミュニケーションがとりづらい
  • コンサルと企画を進めているが、地に足がついていないと感じる

これまでの活動

モビリティやMaaSに関するオンライングループ「カロッツェリア」を立ち上げ、さまざまな業種業態の方々と情報交換を行っています。いずれのイベントでも、このカードは好評価でした。

6月には、京都での初のイベント「Kyoto x Mobility」を開催。

7月には、東京でのイベント「Tesla x Mobility」を開催しました。

イベント開催

目標金額を達成した場合、カードのお披露目イベントを開催します。
また、ワークショップ開催のご希望に合わせて順次ワークショップを行ってまいります。

リターン

カードをお届けします。また、その他いろいろな特典をつけております。

  • カードキット本体(54枚)
  • 3Dプリント模型データ
  • 説明会権
  • ワークショップ開催権
  • 完成披露イベント参加券
  • ファシリテーション権

今回、インダストリアルデザイナーの横井康秀氏からワークショップで使えるモビリティの3Dプリンタ(データ)も提供していただきました。こちらを一口としていただき、ワークショップ開催権などは企業に訪問し実施させていただきます。

3Dプリンタ(家庭用)で出力した模型データ

実施スケジュール

  • 11月 クラウドファンディングの掲載
  • 12月 開発
  • 1月 プレイイベントを都内で開催、完成次第配送
  • 2月 完成披露イベント(都内)
  • 3月 ワークショップ開催(全国)

お問い合わせ

不明点や質問あれば、プロジェクト画面から問い合わせをお願いします。わたしから直接お答えいたします。

そのほか、本件に関することやモビリティやMaaS、UXに関することなど情報発信していますので、こちらもぜひご覧ください。

よろしくお願いします。

トランプのようなカードを開発することで、世代を超えて・部署を超えて・会社を超えてワークショップすることが可能になり、中身の濃い検討からはじめられます

坂本貴史