UX Recipe
UX Recipe

研究開発中のジャーニーマップを簡単に作成する「UX Recipe」のベータ版受付のページを公開しました! まずは皆さんに使っていただきご意見をいただきたいと思います。ぜひご登録をお願いします。

ジャーニーマップを作成する過程にはさまざまな課題があり、現在専用のオンラインツールも少ない状況です。専用ツールは高価なものが多く余計に敷居を高くしてしまった感があります。もっと気軽に簡単でいいのではないか、そういう思いでこのツールを企画しました。

また、日ごろ提案書や企画書であまり時間がかけられない中で作成しているカスタマージャーニーマップやシナリオはいつも一から作りなおしています。フォーマットもバラバラです。行動パターンの知識やジャーニーマップにおける思考プロセスも誰にも引き継げません。デジタル全盛期の時代にもっと効率よくできるのではないか、そういう思いもあり、作成したジャーニーマップは保存され共有でき、人が作ったジャーニーマップも二次利用ができるカタチにしました。

なお、カスタマージャーニーマップといっても専門家だけが使うものだけを想定したのではなく、日頃の行動パターンや生活において、ストーリーにすることで伝えやすくなったり共有しやすかったりする場合に使うことも想定しています。ビジュアルストーリーテリングと呼んでもいいかなと思っています。

UX Recipe とは

カードをつなげて自分のストーリーをつくるツールです。カードは、アクティビティ(行動)を表し、アイコンから選べるようになっています。それらを繋ぎあわせてシナリオ(ここではレシピと呼んでいます)を作ることができます。

画面イメージや操作については、動画をご覧ください。

  1. カードを選び、 ストーリー(レシピ)を作成できる
  2. 感情曲線を決定し、 構成要素を選ぶことができる
  3. みんなのレシピを使って、 効率よく作成できる
  4. 画像をエクスポートし、 企画書に使える

ベータコミュニティ

今回ご登録いただいた皆さんの中からベータコミュニティに関わっていただける方を募集したいと思います。募集については後日告知させていただきます。

先月から社内でもベータコミュニティをつくり意見交換を始めています。バグはもちろん使い勝手についてや、カードの種類について意見をいただいています。

まずは、皆さんにベータ版を使っていただき、さまざまなご意見をいただきながら、よりよい製品にしていければと考えています。

モバイルアプリ

先行してプロトタイピングをしていたモバイルアプリについても一般ローンチに向けて開発を進める予定です。日常の気付きを写真と合わせてカード化することができます。また、そのカードをWebアプリ側と連携することでジャーニーマップをより魅力的なものに変えていくことができます。

UX Recipe Mobile sync
UX Recipe Mobile sync

ご協力いただいたパートナー

まだまだ走り始めではありますが、今回、このツールの構想 (妄想?) から構築まで自由に動ける環境をつくっていただいたネットイヤーグループをはじめ、さまざまなパートナーの皆さんにご協力いただきましたので、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。引き続き、正式版ローンチまでよろしくお願いします。

今後のお知らせ

UX Recipe についての最新情報やお知らせは、登録いただいた皆さんにメールでいち早くお知らせいたします。そのほか、このブログやソーシャルネットワークのほうでもお知らせしますので、ぜひチェックしてみてください。

まずは夏ごろに本ツールを使ったワークショップを企画していますので、こちらもぜひご参加ください。

それでは、UX Recipe をよろしくお願いします。

UX Recipe Logo Mark
UX Recipe Logo Mark