24km Marathon

8月24日、配信番組『24 (ニジュウヨン)』の企画で、24km マラソンに挑戦し無事完走することができました。今日はまだ足がガクガクです。これまでの背景と今回の内容について書いておきます。

配信番組『24 (ニジュウヨン)』とは、2017年5月24日から2018年2月24日まで、計10回を放送したライブ配信番組です(ページ末尾に過去ログを掲載)。株式会社エンタミナ田口真行さんのご協力のもと配信し、昨年2020年8月24日にはチャリティイベントとして24時間ライブ配信マラソンを実施しています。

今年も何かしたいなと考えた結果、最近走っていることもあり、24km マラソンに挑戦しようと考えました。

最近走っている理由

昨年の11月末くらいに、キックボクササイズのトレーナーであり現役ファイターの丹羽圭介選手の試合をリアルで観戦した日、勢い余って走って帰ったことがキッカケです。試合会場は後楽園ホールでしたので自宅まで 5km くらいあったと思いますが、その日から毎朝走るようになりました。

それまで走ることは苦手で嫌いだったのですが、なにか走ることで発散できたことがあったようで、毎日の日課として走るようになりました。はじめは近所 2km くらいでしたが、今では 5km/日(100km/月)を目安に走っています。今年に入ってから本格化し、Apple Watch をつけ Nike Run Club アプリで記録しているので記録が全部見れるのもモチベーションになります。ちょうどもうすぐ9カ月目になり、1000km/年を目標に続けています。

ハーフマラソン(21km)も走ったことがなく、10km が最長だったのでどうなるのか未体験ゾーンでしたが、毎日 5km 走っているのなら大丈夫と友人からも応援してもらえたので、やれそうかなとおもって、今回の配信番組「24」に掛けて「24km」走ってみようと思い立ちました。

マラソン結果

結果は、この画面キャプチャをご覧いただければとおもいますが、24.18km を完走し2時間56分(約3時間)かけたことになります。夕方18時にスタートして、21時ちょうどに帰宅した感じです。

いつもと違うコースだったこともあり、先が見えていたわけではありませんでしたが、結果としては前日に思ったような回り方ができ、無事に戻ってくることができました。ペースは 6分〜7分/km 台ですので、それほど早くもありませんね。

走り終えた感想

正直もっと足や膝が痛くなったり、歩けなくなるくらいかなとおもっていたのですが、案外ふつうに走り終えることができてホッとしています。体力的な問題よりも、水分補給が生命線だと痛感しました。いつも走っているときには特に考えもしなかったことではあるんですが、10km を超えてくるととにかく口の中がカラッカラになりました。そのため何回か自販機で水を買って飲みながら走ったりしたほどです。水を持ち歩く習慣がなかったので、いい勉強になりました。

あとはコースの問題がありました。いつもは近所で 5km〜10km を走っているコースがなんとなくはあるんですが、今回その倍以上の長さをどこで走ろうかと前日に地図を見て考えただけだったので、どういう道かがわからず、思ったより人通りが多い場所や、アップダウンが予想以上にある場所などがあり、コースをもっときちんと考えないと駄目だとおもいました。

そのあたりは、走り終えた後にしたライブ配信をご覧ください。

走り終えてからのライブ配信

テーマは「無二無三に走る」としましたので、とにかく走りきるだけの企画でしたが、こうして走り終えてみて感想や背景を自ら話すことで、いろいろと思うところも湧いてきました。

ちょうど、パラリンピックの開会式をやっていたこともあり、途中で国立競技場から花火があがるタイミングもありましたので、ぜひこちらもご覧ください。

どんな格好で走っているか

以前、そういう質問ももらっていたので改めて書いておきます。

走りはじめたのが冬だったので、毎朝防寒を兼ねたサウナスーツで走っていたんですが、夏になり朝だとすでに暑いので、夕方から晩に走るようになり、半袖半パンで走っています。Kit.co でまとめているので、そちらから見ることができます。

何をおもったか

走ったあとのライブ配信でも話したんですが、もっとオンラインでの活動も増やし、つながりを広くしていけるような活動ができればと考えています。なので、配信番組もグループの配信のほかに、個人アカウントとしてもチャネルを活用していくようにできればとおもいます。

最近だと、ポッドキャストをする人も増えてきたので、それも一つのチャネルだとおもいますが、なにか自分に合ったやり方ではじめられればとおもいます。

あと、コロナ禍 & テレワークで自宅に常駐し、外と遮断された社会で過ごしていくのはやはり心身ともに不健康になっていくものだとおもうことが増えてきました。

最近走っていて心地いいと感じるのは、ひとつのところに止まっていないこと、社会の一部になっていることを実感できるからだとおもいます。同じ走るのでも、ジムにあるランニングマシーンだとそれらを実感できないからか、あまり好きではありません。

心身ともに健康であるためには、そうした「つながり(精神的)」と「うごき(身体的)」が大事になってくるような気がします。

***

最後に、ボクが敬愛する竹原ピストルの歌「きーぷ、うぉーきんぐ!!」の歌詞をつけておきます。ボクサー映画『BLUE/ブルー』の主題歌にもなっていて、この映画もまた走っているときはいつもこの曲が流れています。

あと何回始められるだろうか
あと何回も始められないだろう


思い出したかのように思い出し
干からびた痛みに爪を立てる
もはや足跡を残したいわけじゃない
でも足音を鳴らしていたいんだ

竹原ピストル

もし、走っている方で Nike Run Club アプリを使っている方、これから使おうかと思っている方がいたらぜひ仲間に入れてください。

ボクの名前「TAKASHI SAKAMOTO @bookslope」で検索すれば見つかるとおもいます。


配信番組『24』の過去ログ

コメントを残す